いそのたかみの著者感想文

自作ライトノベルの感想文を書いています。

第5話 終業式

おはようございます。いそのたかみです。

自分で自分の書いた作品を感想文を書いていこうという試みをこれでもかと続けています。今回は第5話「終業式」を紹介します。

kakuyomu.jp

まだ作品を読まれていない方はこちらからどうぞ。

杏ちゃんについて

冒頭は垂井が暴走するので楽しいところなんですが、特に内容が無いので割愛しますw

杏ちゃんは多分、桂太のことがちょっと好きなんだと思います。だから辛いけど、桂太からの相談にも乗ってあげる。でも香子の方にその気がないと見るとちょっと攻めてみる。という感じの心の動きです。これをもうちょっと後半に生かしたかったなあ。

本当はエピローグにそのあたりを盛り込んで行きたかったんですが、そうなると結局杏ちゃんがつらい目にあってしまいそうで、そこら辺はもう桂太と香子ふたりだけの問題に集約させていきたいと思って、あのような結末になりました。



次回は第6話「無限回廊」について振り返っていきます。

評価やレビューをいただけると嬉しいです。ぜひよろしくお願いします。