いそのたかみ@鷹巣堂のアナログゲームブログ

同人ゲームの制作・販売を行なっている鷹巣堂のブログです。

古代ローマの新しいゲームを買いました

第三のゴリラの売上が非常に好調なので、うっかり新しいゲームをポチッとしてしまいました。

古代ローマの新しいゲーム 日本語版

古代ローマの新しいゲーム 日本語版

  • メディア: おもちゃ&ホビー

ずっと前から欲しかった、ライナー・クニツィアの「古代ローマの新しいゲーム」です。
わたしはクニツィアのゲームが好きで、特にバトルラインやモダンアートなどのほとんどアブストラクトにも似たシステム、偶然の要素を極力排除して、唯一自分の頭の中にあることだけが相手にとっての不確定要素であるかのようなゲームが大好きなんです。

これには14ものゲームが収録されているのですが、若き日のクニツィア博士が考案したアイデアの原石のようなものが多く、さらにそれを後年になって代表作へと進化させているとのこと。
言ってみればこれは天才ボードゲームデザイナーの草稿集のようなものなので、自分のゲーム作りの刺激になればと思って購入してみました。

ローマ七丘

とりあえず二人用のゲームをいくつか遊んでみたのですが、一番感銘を受けたのがローマ七丘でした。
場に並べた7つの丘に手札の1〜9の数字を裏向きに置いていき、数字の合計が多いほうが勝ちというルール。
バトルラインはカードをポーカーのような役を作って強さが決まるのに対し、原型となったこちらは数字の合計だけという非常にシンプルな仕組みですが、これがなかなか面白い。
裏向きに出したカードは、同一の丘に相手のカードが出された時点ですべて表になるので、いわば”斥候”の役割をする数字の1のカードがかなり重要な役割を果たします。

そこで気がついたんですが、わたしの「銃・病原菌・ダイヤモンド」は「ローマ七丘」とよく似ているんです。

bodoge.hoobby.net

バトルライン」とはぜんぜん違うゲームなのですが、「ローマ七丘」はルーツと言ってしまっていいくらい似ていることに感銘を受けました。

「銃・病原菌・ダイヤモンド」は鉱山ごとに点数が決まっていたり、引き分けた鉱山の点数が加算されていったり、お互いのカードを5枚出し終えてからオープンにするなどなど、異なる部分はたくさんあるんですが、なんだろう、根本にあるクニツィア魂みたいなものが通じ合ったのかな。

ハンニバル

これも非常にクニツィア的な戦略ゲーム。
戦争の勝敗は出した手札の数で決まるのですが、お互いにもっている1〜5のカードは一度出してしまうと全部使い切るまで手元に戻らない(補充しない)ので、最初はどちらが勝つかが分からないものの、戦いが進むにつれて「勝ち確」が見えてくるところに面白さがあります。
たとえばコマを何個も並べた大軍団だけどいざ戦いになると弱いカードだけ出せば見せかけだけの囮になるし、1つのコマだけで敵陣奥深くまで侵入して強いカードを出して一騎当千の活躍をしてみせることもできます。
とはいえ、カードを出し切って手札がリセットされるといつまでも勝ち続けることは難しく(引き分けは両方のコマが消滅)、かなり頭を悩ませることになります。

元老院

元老院は4×3の12マスの中に、自分の手札の強いカードをなるべく中央に押し込むというシンプルなルールながら、相手がどこから攻めてくるのかなんのカードを最初に出していくかが難しく、これもかなり悩まされるゲームでした。

運に頼らないゲームを作りたい

14のゲームのうちのまだ3つしか遊べていませんが、どれもシンプルかつ切れ味鋭いゲームとなっていて、かなり刺激を受けました。

個人的に気に入っているところは、ダイスを使わないところですね。
自分はダイス運がないのでダイスの目で何かが決まるゲームは苦手なんです。
たとえば6面ダイスでも、そのゲーム中に1が出る確率は1/6じゃないですよね。限られた試行回数だとかならず偏りが出る。
一方で、1〜6までの数字が書かれた6枚のカードから1枚抜いて1が出る確率は正しく1/6だし、一回1が出たら次からは1が出ない、その方がフェアじゃないかな、と思います。

それは完全に人の好みでダイスが好きという人も多いとは思うんですが、こと自分が作るものに限っては自分が好きなように、ダイスを使わないゲームを自由に作れるというところが、ゲームデザインの楽しみのひとつなんじゃないかな、と思いました。

お題「#おうち時間

【完売御礼】第三のゴリラが完売しました!

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。予想以上の人気で驚いています。

開催自粛となったゲームマーケット2020春の代わりに、出展予定作品を集めたECサイトがオープンしています。

www.arclightgames.shop

鷹巣堂からも「銃・病原菌・ダイヤモンド」と「第三のゴリラ」の両方を出品していたのですが、

なんと「第三のゴリラ」が、

完売いたしました!!!

f:id:isonotakami:20200426135611p:plain

www.arclightgames.shop

思ってもいなかった反響に驚きが隠せません(^^)


とりあえず、急遽手持ちの商品を一気に送ることにしたので、何日か待っていただけたら追加されると思います。

また、ボドゲーマさんに委託している方はまだ少し在庫が残っているので、お急ぎの方はこちらからお買い求めください。

bodoge.hoobby.net


「銃・病原菌・ダイヤモンド」は4月26日現在まだ在庫ありの状態ですが、こちらもいつ品切れになるかわからない状態ですので、お早めにお買い上げいただけたらと思います。

www.arclightgames.shop


こうやってたくさんの人に支持されると、来年のゲムマに出そうと思っている新作の構想にも力が入りますね!

危機と人類(上)

危機と人類(上)

連休は家に閉じこもって、プロトタイプを作る予定です。

ボードゲーム作りは自粛に影響ないところがいいですね〜。

ゲームマーケットECサイトでの委託販売が始まりました

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。本当ならゲームマーケットは今週の日曜日の開催でしたね。

ボドゲーマさんでの委託販売に引き続き、ゲームマーケットの主催者であるアークライトさんが実施しているゲームマーケット2020春特設会場での委託販売がはじまりました。

f:id:isonotakami:20200422230837p:plain

鷹巣堂からは、「銃・病原菌・ダイヤモンド」と「第三のゴリラ」を出品しています。

www.arclightgames.shop

www.arclightgames.shop

税別の設定をちょっと間違えたので、ボドゲーマさんよりも安い1,999円でお買い求めできます!

 
サイトをざっと見てみたのですが、さすが本家だけあって登録されているゲームの数は全619件とものすごいことになっていますね。

ゲームを作る人がこんなにいるとは驚きました。

この中で自分のゲームがどれだけ注目されるか分かりませんが、人気ゲームを買うついでにでも、カートに入れてもらえたら嬉しいです。


自分は犯人隠匿型のゲームが気になっているところなので、いくつか買って参考にしようと思っていますが、やっぱりパッケージ画像だけ見て買うのには勇気がいりますね。

イベントで直接見て触れて買うことができたら良かったな、と感じてしまいます。

そんなこともあって、今回は委託数を控えめにしてあります。

7月の北海道ボドゲ博はちょっと無理かもですが、ゲムマ秋が開催される11月には落ち着いているだろうから、追加生産はしないでおいて、そこで在庫がはけたらいいかな、と。

とりあえず希望を持って新しいゲームを作っていけたらいいな、と思っています。

北海道ボドゲ博に当選しました!

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。今回は、北海道ボドゲ博への出展のお知らせです。

7月11日に札幌市で開催される北海道ボドゲ博に出展の申込みをしていたのですが、無事当選となり、参加できることになりました。

https://static.wixstatic.com/media/7ed4c8_cb0f4059e6f84bfe86830a698f04f938~mv2.png/v1/fill/w_1024,h_1435,al_c/Flyer%20_Omoteのコピー.png
https://psykorokinesis.wixsite.com/hokbdgexpo

もともとゲームマーケットに出ることを目標にボードゲームを作っていたのですが、せっかくなら地元北海道のイベントにも参加したいと思っていたので、抽選で選ばれてとても嬉しいです。


いまはボドゲーマさんで委託販売している「銃・病原菌・ダイヤモンド」と「第三のゴリラ」については、送りすぎて在庫が手元にない状況なので、時期が近くなり次第イベントに向けて販売を終了する予定です。

北海道外にお住まいの方はなかなか北海道ボドゲ博に来られないと思うので、お早めにお買い求めいただけたらと思います。


bodoge.hoobby.net

bodoge.hoobby.net


ただ、いまの新型コロナの状況からすると、無事開催できるかはまだちょっと不透明な状況でしょうね。

心置きなくボードゲームを楽しめる日々が、はやく戻ってくるといいのですが……。


今週のお題「ゲーム」

二人用のボードゲームは人気がない!?

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。今日はちょっと意外でびっくりしたことについてのお話です。

ゲームマーケット2020春に出展予定だった「銃・病原菌・ダイヤモンド」と「第三のゴリラ」をボドゲーマさんで委託販売をはじめて一週間が経ちました。

bodoge.hoobby.net

bodoge.hoobby.net

どちらも自分が予想もしなかった売上数をあげていてびっくりしていたんですが、さらに意外だったのは、2つのゲームの売れた数にかなりの開きがあったことです。

よりたくさん売れていたのは「第三のゴリラ」でした。



もちろんどちらも面白いんですが、個人的に好きなのは「銃・病原菌・ダイヤモンド」の方だったりします。

というのも、二人用でたくさんの人を集めなくても手軽に遊べるし、シンプルなルールにも関わらず相手の戦略を読み取ろうとするといつまでだって考えていられるくらい、緻密なゲームだからです。

あのライナー・クニツィアバトルラインにも似た、読み合いと読めなさのバランスが良くできていると自負しています(えっへん


しかしなぜ、第三のゴリラのほうがダントツに売れているんだろう。

そう思いながらTwitterを眺めていると、衝撃の事実を目にしました。

なんと、2人用のゲームはあまり人気がないとのこと。

2人ならボードゲーム以外のことをするし、ボードゲームをやるときには必然的に人を集めるので、多人数対応のほうが好まれるそうです。


確かに、第三のゴリラをテストプレイしたときはみんな大笑いで「ゴリラ!」「ゴリラ!」と叫んでとても楽しかった思い出があります。

みんなでワイワイ楽しく遊ぶパーティゲームのほうが、ボードゲームとして求められているのかな……。


ちなみに来年のゲームマーケット2021に出品したいなあと思いながら現在作っているゲームは、4人以上で遊べるものになりそうです。

f:id:isonotakami:20200331224715p:plain

いまはまだどんなゲームになるかわからないまま手探りで作業をしていますが、良いものができたらまたご紹介したいと思っています。

自作ボードゲームのシュリンクをどうしよう

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。自作のボードゲームを委託販売することにしたので、シュリンクについて考えました。

ボドゲーマさんに委託販売を頼んだ「銃・病原菌・ダイヤモンド」と「第三のゴリラ」ですが、どちらも売れています!

bodoge.hoobby.net

bodoge.hoobby.net

初めての作品なのでひとつも売れないパターンもあるだろうな、と思っていたんですが、杞憂に終わってホッとしました。

たくさんの人に遊んでもらうことができて本当に嬉しいです。

在庫の方はまだ余裕がありますが、今後ほかのイベントに出る場合など早期に引き上げる可能性がありますので、お早めにお買い上げいただけると助かります。


さて、今回作った2種類のゲームは、両方とも萬印堂さんの小ロット応援印刷パックを利用しました。

www.mnd.co.jp

通常印刷の半額以下という、わたしのような零細同人ゲーム作家には嬉しい価格帯なのですが、ひとつだけ惜しいところがあります。

それは、仕様を一切変更できないというところ。

特に残念なのは、化粧箱にPP加工ができないということです。

PP加工をしていないと、輸送時のこすれで印刷が剥がれてしまいやすいんですよね。


ボドゲーマさんの委託販売では、箱が開かないように梱包すればシュリンクは不要とのことでしたが、在庫を引き上げたときに箱がぼろぼろだと悲しくなるので、なんとかしたいと思いました。

本格的なシュリンクは値段が高い!

市販のゲームや書店で売られている漫画のように、ナイロンでピチッとした感じに包むのが本格的なシュリンクです。

包みたいものをこういうフィルムで包んで、

シーラーで封をして、ドライヤーかヒートガンで加熱すると、フィルムが縮んでぴっちりと包まれるという仕組み。

しかしこれ、専用の道具がたくさん必要で、もちろん結構なお値段がするんですよね……。

ポリ袋は少しさみしい外見

というわけでホームセンターに行って、代わりになる小袋を探すことにしました。

ポーカーサイズ20の化粧箱のサイズは、だいたい高さ100mm、幅70mm、厚さ20mmなので、袋の大きさは150mm×100mmくらいあれば良さそうです。

そこでまずは、チャック付きポリ袋を購入してみました。

入れてみるとサイズ感はピッタリ。

f:id:isonotakami:20200407230424p:plain

ただ、ポリ袋だと見た目が少しヨレっとしているのが残念ポイントです。

とりあえず今回は輸送用なので、ボドゲーマさんに送る分のゲームは全部この袋に入れて送ることにしました。

みなさんの手元に届く時にはどうなっているのか少し気になりますが……。

カードゲームの個包装はクリスタルパックがオススメ!

ポリ袋でも用は足りるのですが、見た目の面が少し残念。

調べてみるとクリスタルパックという、OPPフィルムを使った商品が良さそうです。

Amazonで購入して、早速試してみたところジャストサイズでした!

f:id:isonotakami:20200407232032p:plain

シュリンクに比べると隙間が残ってしまいますが、クリスタルパックというだけあって透明感があり、個人的には十分なクオリティに思えました。

通販用はポリ袋を使うことにして(余りがもったいないので)、イベント等で直接手渡す時にはこちらのクリスタルパックを使うことにしたいと思います。

委託販売をはじめました

こんにちは。鷹巣堂のいそのたかみです。ゲームマーケットが開催自粛になってしまいました(泣)

出展を楽しみしていたゲームマーケット2020春でしたが、折からの新型コロナウィルスの影響もあり、今回は開催自粛ということになったようです。

【重要】ゲームマーケット2020春 開催自粛のお知らせ | 運営からのお知らせ | 『ゲームマーケット』公式サイト | 国内最大規模のアナログゲーム・ テーブルゲーム・ボードゲーム イベント

いまやありとあらゆるイベントが自粛ムードな中で、どれだけ気をつかって開催したとしてもカードゲーム・ボードゲームへの批判は避けられないと思うので、個人的には残念ですが止むを得ない判断だと思います。

ですが、はじめてのボードゲーム制作、そしてはじめてのイベント参加を心待ちにしていたので、本当に残念です。

春で当選した人はゲームマーケット2020秋に振り返られるとのことで申込みをしたんですが、果たしてその頃には収まっているかどうか……。

委託販売開始!

しかし、捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので、ボドゲーマさんでゲームマーケット2020春 通販特集を組んでいただけることになりました。

bodoge.hoobby.net

本当なら「ゲームを売る」ことよりも、イベントに出て自分が作ったゲームを自分で売ることに意義があると思っていたのですが、参加できるイベントがあとになってしまうと、それよりも「早くたくさんの人に遊んでもらいたい!」という気持ちが強くなったため、ボドゲーマさんのお力を借りることにしました。

銃・病原菌・ダイヤモンド

銃・病原菌・ダイヤモンドは、2人のプレイヤーがおなじ5枚の手札を持ち合ってプレイする非常にシンプルなルールですが、相手がどこにどのカードを出すかを真剣に読み合う必要がある、手に汗握るゲームとなっています。

bodoge.hoobby.net

詳しいルールと遊び方は、当ブログの紹介記事をお読みください。

isonotakami.hatenadiary.jp

isonotakami.hatenadiary.jp

第三のゴリラ

第三のゴリラは、4人で「ゴリラ!」と叫びながらカードを出し合うパーティゲームなのですが、勝負の鍵を握る「偽のゴリラ」をいつ出すかが重要なポイントで、駆け引きや演技力も必要になる奥が深いゲームです。

bodoge.hoobby.net

詳しいルールと遊び方は、当ブログの紹介記事をお読みください。

isonotakami.hatenadiary.jp

isonotakami.hatenadiary.jp


いろんな方に遊んでいただき、感想を聞かせていただけると幸いです。